ブログ

2020.04.14

「大腸カメラ体験記」

開院すぐに当院で内視鏡検査をしてくださった患者様からうれしいご連絡を頂きました。大腸カメラ検査に抵抗のある患者様に読んでいただきたいと、体験記を綴って下さいましたので、ご参考にされてください。

******************

私は潰瘍性大腸炎という病気で、1年に1回定期的な大腸カメラの検査が必要です。
いつも大学病院で検査を受けていましたが、かなり大変で正直検査を受けることが憂鬱でした。

大学病院の検査はまず前日から検査食を食べ、寝る前に下剤の錠剤の薬を飲みます。
検査当日は腸の中をからっぽにするために下剤を服用しなければならないため、午前10時には病院に着くように家を出ます。

病院に着くと待っているのは約2Lはある大量の下剤。これを時間をかけながら飲みます。
量がとても多いので大変な上、正直味も美味しくない。
大腸カメラを受ける上で一番の苦痛がこの大量の下剤を服用することでした。
下剤を服用するだけで1時間、その間トイレに行きたくなるので何度もトイレに往復。
これだけで疲労が溜まりぐったり。

時間をかけてやっと腸が綺麗になったものの、患者の数が多いので待機する時間が約1時間。前日は検査食、朝から絶食なのでお腹も空いていて辛い。

検査を開始すると、眠くなる薬を使って検査をしているので意識はぼんやりしますが少し痛いという記憶は残っていました。検査自体は15分ほどで終了。その後眠気をしっかり醒ますためリカバリー室というところで1時間ほど休んでから帰宅します。

待ち時間も入れると午前10時に病院に行って帰宅出来るようになったのが午後3時頃。
身体はもうクタクタ。早く帰りたい。大腸カメラの検査は大変だから嫌だなあ。
このように大腸カメラは大変で、毎年受けることが本当に苦痛でした。

しかし今回つくしの駅前内視鏡クリニックのホームページに気になる文字が。
「内視鏡専門医による苦痛の少ない内視鏡検査」
「口から下剤を飲まない大腸カメラ」

口から下剤を飲まない?じゃあどうやって腸を空っぽにするの?
でも下剤を飲まなくていいなら検査が楽かもしれない!
と考えた私はクリニックを受診しました。
口から下剤を飲まなくて良いというのは、つまり最初に胃カメラをしてその時に下剤を注入してもらえて、その後大腸カメラを行うというものらしい。
一緒に胃カメラもしてもらえるなんてとても嬉しい!と思いこの検査を申し込むことにしました。
前日に食べる検査食は大学病院では1種類しかなかったのでそれを食べていましたが、このクリニックでは5種類から選べました。ボリュームがあるもの、昼が携帯食になっているもの、2食分だけのものや4食分入っているもの。検査食を選ぶのは楽しかったです。
前日の寝る前に錠剤の下剤を飲むところは大学病院と変わりませんでした。

クリニックの中は明るくてとても落ち着いた雰囲気。

看護師さんに問診をしてもらったあと検査室に入り、準備をする。

胃カメラは以前受けたことがあるが眠くなる薬を使ってもらったものの、嗚咽が酷くてとても苦しい思いをしました。なので今回も苦しい思いをするのかなと思い緊張しました。
「それでは眠くなる薬が入りますよ」と声をかけられ、目を閉じる。

「お疲れさまでした」と声をかけられる。
・・・え?何が起きたの?もう検査終わったの?
本当に信じられないくらい何の苦痛もなく記憶すらない状態で胃カメラ終了。
今まで受けていた胃カメラは何だったの?と思いました。
しかも検査が終わって10分後にはしっかり目が覚めていました。
リクライニングチェアーに座った状態で好きなようにお茶を飲んだりしながら、次の大腸カメラの準備をします。
お腹がゴロゴロ鳴って動いているので、本当に口から下剤を飲まないでも下剤は身体の中に入っているんだなあと実感します。

何回かトイレに行って、大腸カメラの準備完了。
胃カメラと同様に準備をします。
「それでは眠くなる薬が入りますよ」と声をかけられる。
自分がいつ眠っているんだろう?と思い、少しだけ起きててみよう、と意気込む。

「お疲れさまでした。検査終わりましたよ。」
全く抗えませんでした。(笑)本当に検査したの?ってくらい何の苦痛もない。
今まで何回も検査を受けてきましたが、ここまで何の苦痛がなかったのは初めてでした。

しかも目が覚めるのも早いので、すぐに帰ることが出来る。
目がしっかり覚めたタイミングで看護師さんが温かいお茶を持ってきてくれる。
検査が終わってホッとした心に温かいお茶が滲みました。美味しい。

検査着を着替えた後、松本先生から結果説明へ。
松本先生はいつも優しい雰囲気で、とても丁寧に結果を伝えてくれました。
結果だけでなく、これからどのようなことに注意していけばよいかについてもお話して下さいました。きちんとこちらの話も聞いて下さるので、とても安心出来ます。

このような流れで検査は終了。全体的に約2時間で終了したので、疲労感もあまりなかったです。(追記:通常は来院から帰宅まで3~5時間かかります)
何よりやっぱり大量の下剤を飲まなくて良いのは身体的にも、精神的にもとても良かった。
今までは何で毎年大腸カメラを受けなきゃいけないんだろうと受動的に考えていましたが、この検査を受けてから自分の健康を維持するためにしっかり毎年検査を受けようと考えることが出来るようになりました。
私のように大腸カメラを受けるのが億劫だと感じている方、初めて検査を受けようと考えているけど不安な方、多くの方々にこの検査を受けてみてもらいたいと考えています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大腸カメラを以前受けられたときに痛みで苦労した人は、少ない鎮静剤を用いて無痛で検査を受けて頂くのはもちろんですが、当クリニックでは、大腸カメラの前の腸管洗浄剤の負担もなるべく無くすため≪口から下剤を飲まない大腸カメラ≫を行っております。この方法は、どこでも行っているわけではありませんので、ご希望がありましたらお気軽にご相談ください。

ただ次の方はこの方法での検査はできません。①胃の手術を受けて、胃の一部がない方、内臓逆位の方(胃カメラを腸に進めて洗腸液をいれても、胃に逆流し嘔吐されてしまう可能性があるため)②卵、大豆、ココナッツ、ピーナッツなどのアレルギーの方(鎮静剤が使用しにくくなりますので、胃カメラでゆっくり洗腸液を注入できません)③洗腸液によるアレルギー症状がある方(大腸カメラそのものができません)④強い便秘症の方、検査前何日もお通じがない方、炎症性腸疾患の炎症が強すぎる方、クローン病で小腸の狭窄が疑われる方、中等度~進行した大腸癌が疑われる方(ご本人の意思でなく、鎮静中に洗腸液が入るので初期の腸閉塞症状に気づきにくくなるため)⑤またその他、問診・診察にて安全性が担保できないと考えられる方

また出来るだけ早期発見・早期治療につなげたい思いで、働き盛りの方でも、女性の方でも、安心して受診頂けるよう、内視鏡検査専門のクリニックとして細部にわたって様々な工夫を凝らしております。≪24時間WEB予約≫・≪土日検査≫・≪胃カメラ大腸カメラ同日検査≫・≪女性患者さま限定の検査日≫・≪オンライン診療≫なども設けております。特にオンライン診療は今まで遠方で当院での検査をあきらめていた患者さまに人気で、[検査前の受診]と[検査後の受診]が自宅で受けられますので、クリニックに足を運んで頂くのは検査当日のみとなります。大腸カメラにお困りの方は是非ご相談ください。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る