胃カメラ(上部内視鏡検査)

胃カメラ(上部内視鏡検査)

胃カメラ検査ってこんなイメージ?

当院では寝ている間に終わる、点滴による鎮静剤を用いた胃カメラ検査を提供しております。(当院で胃カメラ検査を受けられた患者さまの声はこちら。)

しかしいまだに胃カメラに対して、「苦しい」「おえっとしてしまう」などをイメージされ、検査を躊躇されている方も少なくありません。実際に下のリンクは、ブロガーさんが、他の病院で胃カメラ(経鼻)を、のどと鼻の麻酔のみで経験された様子が赤裸々に書かれています。一昔前の苦しいイメージそのものですが、当院では検査のトラウマ、恐怖心があるかたでも、安心して受けて頂けるよう、軽い鎮静剤を用いて、完全に寝ている間に検査は終了しております。
(経鼻内視鏡は画質が悪いばかりか、内視鏡が細いため軸保持がしにくく、十二指腸に内視鏡を進めるのに、ブログ内のように空気で胃を膨らませなければいけない場合もあります。また鼻の手術をされた方、花粉症や鼻炎で粘膜が腫れている方なども受けられないため、当院では経鼻内視鏡は採用しておりません。)

一昔前の胃カメラはこんなイメージ?
【人生初!恐怖!?】オギャ子胃カメラに挑んで大騒ぎするの巻き①
【序盤にして最大の山場】人生初胃カメラに挑戦の巻き!②

※おぎゃこさんは大腸カメラのページでも登場します。

当院の胃カメラの特徴

特徴1少量の鎮静剤よる楽で安全な痛みのない内視鏡検査

当院では、少量の鎮静剤で眠っているうちに検査を受けられます。
鎮静剤は年齢や体格、既往症や服薬中のお薬など、患者さん一人ひとりに合わせたきめ細かい調整を行って使用し、検査中は全身状態をしっかりコントロールして安全性を高めています。

まれに既往症やアレルギーなどにより鎮静剤の使用ができない方もいますので、お一人ずつ詳しく問診するのと同時に、ご希望をお伺いしております。また鎮静剤が使えない方でも、苦しくない検査が受けられるように細径の経口内視鏡スコープを取り揃えております。なお詳細は下記になりますが、経鼻内視鏡検査は行っておりません。

鎮静剤を使用した検査の後は、ご帰宅時も含め、当日は自動車やバイク、自転車などの運転ができませんが、当院は最寄り駅から徒歩2分とアクセスも良好です。

特徴2ハイビジョン画質・拡大内視鏡による高精度な診断

当院では大学病院と同等の高度な内視鏡診断機器を採用し、高精度な内視鏡診断を行っております。
検査中に異常を発見した際には、色、形、表面の状態などを観察します。詳細な観察や小さい病変を確認するために、当院では約70-80倍に拡大観察できる内視鏡カメラを導入しています。微細な血管や粘膜構造を拡大して精緻に観察して、炎症・腫瘍、良性・悪性など病変自体の精密な観察を行い、必要に応じて組織を採取して生検を行い診断しています。
また、当院では高精度の診断にこだわっていますので、口からカメラを挿入する経口内視鏡を採用しています。鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡では、経口に比べて、画質が荒くなり、その影響で小さな病変を見逃してしまう要因になることもあります。他にも、検査後に稀に鼻の痛みが残ったり、胃の形が何らかの原因で変形している場合は隅々まで観察することが困難になるため、当院では経鼻内視鏡は行っておりません。

特徴3特殊光(NBI)による詳細な内視鏡診断

NBI(Narrow Band Imaging)は、通常光とは異なる狭帯域光観察によって微細な病変を発見しやすくする内視鏡観察手法です。内視鏡の分野で長く世界をリードし続けてきたオリンパスが開発したもので、毛細血管を周囲に集める早期がんの発見に特に有効です。
通常の観察とNBIによる観察は医師が手元で簡単に切り替えできるため、患者さんにも余計な負担をかけません。現在のNBIは微細な表面構造や毛細血管をはっきり観察できるようになり精度が以前のものより上がっています。当院では拡大機能と組み合わせることで、早期の病変、平坦な病変のスピーディな発見に努めています。

特徴4より精度の高い診断をサポートするフルハイビジョンモニターを導入、また視野移動を最小限にするため天吊りアームを導入

早期がんを発見するため、スコープは勿論ですが、モニターも高精度なものを採用しております。現時点では一番サイズの大きいフルハイビジョンモニターを使用し、より小さな病変を発見できるようにしております。また検査中の視野移動を最小限にし、より高精度な診断を行うため、状況に合わせてモニター場所を柔軟に変えられる天吊りアームを導入しております。

特徴5さらに質の高い検査にするためブルーライト照明を完備

内視鏡室の照明には、モニターの視認性を向上できるブルーライト照明を導入しております。集中力が増すなどの効果が報告されており、近年画像診断専門医での活用が広がっており診断精度の向上に寄与しております。早期診断を行うことで、小さな病変のうちで発見できれば、より低侵襲で治療を受けることができ、術後の体の負担も最小限ですみます。
内視鏡検査を行う環境にもこだわっております。

特徴6内視鏡洗浄機 KD-1

内視鏡は患者さんの体内を観察するので、徹底的な感染対策が不可欠です。当院では、検査ごとにアルカリ洗剤洗浄と強酸性電解水で器具を丁寧に洗浄し、消化管内視鏡消毒装置によってしっかり消毒しています。当院に導入されている内視鏡消毒装置は、信頼性の高いカイゲンファーマのクリーントップKD-1です。

※患者さまから「胃カメラ、大腸カメラを受けに行きたいのだけれど、この時期だし、どうやって消毒しているのか、ちょっと気になっていて…」と相談がありました。院長とベテラン看護師さんが答えています!是非ご覧ください。詳しくはこちらへ!

特徴7ネット予約対応で即日胃カメラ可能(現在緊急事態宣言中のため即日検査は中止しています)

お薬やサプリメントを飲んでいない方は、インターネットから検査日をご予約をいただき、即日で検査を行うことも可能です。既往歴がなく、お忙しい方はぜひご活用ください。お薬を飲んでいる方や、胃切除後の方、以前胃カメラで検査が難渋された方は、まずは診察をお願いしておりますので、診察の予約をお取りください。その際に休薬すべきお薬などを確認させて頂きます。また胃カメラで病変が見つかり切除した方は、検査後2週間程度で細胞の診断結果をお伝えするため再度受診いただくこともございます。

※当院で胃カメラを受けられた患者さまの声はこちら

胃カメラ検査の費用・時間

胃カメラと呼ばれていますが、胃以外にも食道や十二指腸の粘膜も直接観察でき、それら全て観察したときの費用となります。また検査中に疑わしい部分があった場合、その組織を採取できるため、生検を行って多くの疾患の確定診断することができます。これにより、早期胃がん、早期食道がんの発見が可能な唯一の方法とされています。早期に発見して適切な治療を受けることで生活や仕事に支障なく完治も可能ですから、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るために有効です。(生検を行った場合は費用が変わります)
検査自体は5~10分ほどで終わりますが、前後に病状把握や鎮静剤使用後の休息時間、医師からの説明時間を設けており、全て時間を合わせたものです。
当院では、その技術を充分に活かせる内視鏡システムを使って、精密な検査を行っています。保険診療ですので、全国どこでもほぼ同じ費用となります。大学病院と同等の設備で高精度の検査が受けられ、さらに少量の鎮静剤を使用することで痛みや苦しさがない検査を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

胃カメラと胃エックス線検診のちがい

胃カメラはつらいけど、胃エックス線なら白い造影剤を飲むだけだからつらくないのでは?と思われがちですが、果たしてそうでしょうか?
一昔前まで「胃がん検診=胃エックス線検診」というイメージがあったと思います。それは胃エックス線検診は「胃がん死亡減少効果がある」という統計結果が早い時期からで出ていたため、健診施設がこぞって導入したためでしょう。そのころは胃カメラ検査は苦しいイメージから受検者が少なかったわけですが、徐々に増え始め、2014年に胃カメラも「胃がんの死亡率減少効果のある検査である」と証明され、
2016年からは検診として胃カメラが実施可能となりました。
皆さんご存知のように、胃カメラのほうが断然診断精度が勝ります。胃エックス線検査は、診断精度が低いあまり、少しでも異常が疑わわれれば、胃カメラの精密検査を受けるように支持されるわけですが、
日本対がん協会の胃がん検診のデータによると、そのうち胃がんが発見された方はわずか1.8%でした。これでは胃エックス線と胃カメラ検査の2回も検査を受ける意味がありません。
また胃エックス線検査は合併症がないと思われて、選択される方もいらっしゃいますが、実は胃カメラよりも重篤な合併症が多く、下に記した疾患をもつ患者様は胃エックス線検査は受けられません。胃のご病気で治療中の方は、胃エックス線検査が受けられないのです。理解しがたい矛盾です。対して胃カメラはそのような規定は無く、合併症も少なく、その検査時間も費用も胃エックス線と変わらなくなりました。依然として胃エックス線検診を実施する健診施設があるのは、昔の胃エックス線装置を使って誰でも検査ができること、内視鏡医不足で胃カメラができる医師が数多く雇えないためだと考えます。実際に胃カメラの予約がうまっていて、仕方なく胃エックス線検診を選択される方も多いです。

胃カメラと胃エックス線検診の診断精度

胃エックス線検診は胃の形や表面の凹凸をレントゲンで影絵として観察するものです。一方、内視鏡検査はビデオカメラで、胃の中を直接ビデオ画像で観察するものです。胃エックス線検診では早期のがん病変や粘膜の色の違いは認識できませんが、内視鏡はこうした早期病変も確認できます。また食道についても造影剤はすぐに胃に流れてしまうため、食道がんなどで小さな病変や平坦な病変は見つけられません。胃カメラは口に入れた時からすべてビデオで撮影していますので、口から食道、胃、十二指腸までくまなく確認できますし、疑わしい病変があれば痛みなく取り除き、細胞を顕微鏡で調べ、癌かどうかはっきりさせることができます。

胃エックス線検診の流れ(当院では行っていません)

白い造影剤をごくっとひと飲みし、レントゲンを撮影するだけと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はそうではありません。実際は発泡剤で胃を膨らませたり、検査台の上で逆立ちに近い体位で踏ん張って撮影したりする検査です。そもそも消化管は、それだけで骨のようにくっきりとレントゲンで写し出される臓器ではありませんから、アルカリ土類金属である造影剤を飲んで、胃に薄く、万遍無く張り付ける必要があります。まずはしぼんだ胃を出来るだけ膨らませるため発泡剤を内服し、その後ゲップを我慢しながら造影剤を飲み込み、体位を台の上で体を360度回転させて、胃の壁にまんべんなく造影剤を広げながら撮影します。撮影後は腸内で造影剤が固まり始めますので、早急にたくさんお水を飲んで便として排出させる必要があります。

前日:20時以降は禁食です。

検査当日:前日から引き続き禁食です。注意すべきは、たばこ、ガムなども禁止であることです。これらには胃粘液を増加させる作用があるため、造影剤が胃に上手く張り付かず検査できなくなることがあるからです。飲水や内服薬は検査前2時間以前なら、コップ一杯程度まで可能です。(胃カメラの場合はたばこ、ガムは問題ありません)

①発泡剤(顆粒)を口の奥の方に入れ少量の水と一緒に飲み込みます。ゲップがでそうになりますが、検査が終わるまでゲップは我慢します。

②造影剤を全て飲みます。こぼして服に付いた場合はレントゲンに写りますので、検診衣を着替えます。

③検査台が動き、体を仰向けやうつぶせ、左右に回転させるなどの指示が出されます。しっかりバーを握って台から落ちないように踏ん張りながら、逆立ちや様々な角度から撮影を行います。筋力が弱いかた、手足が不自由な方は受けられません。また胃の動きを止めるため、しっかりと息を止め、おなかを動かさないようにして撮影します。検査時間は5分から8分くらいです。

④撮影が終了したら、造影剤は腸内で固まりやすいため、早く便として体から出さなければなりません。検査後は水をたくさん飲み、下剤も内服します。検査後24時間以内に排便がなく、腹痛があった場合はすぐに医療機関を受診する必要があります。腸の中で造影剤が固まってしまったら、開腹手術で取り出さなければなりません。

胃エックス線検診を受けることができない方

下記の疾患をお持ちの方は原則的に胃エックス線検診は受けられません。

    • 腸閉塞(腸捻転)の既往 ; 原則的に不可。
    • 炎症性腸疾患 ; 治療中の場合は不可。
    • 上部消化管疾患 ; 治療中の場合は不可。
    • 消化管手術の既往 ; 原則的に不可(ただし、主治医の許可あれば可)。
    • 大腸憩室 ; 憩室炎などの症状なければ可。
    • 便秘 ; 要注意とし、3日間排便なければ不可。
    • 下痢 ; 炎症のある急性期や下血がある場合
    • 虚血性心疾患 ; 1年以内に発作があった方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • 心不全 ; 水分制限がある方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • 心疾患術後 ; 1年以内に手術した方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • ペースメーカ ; 撮影装置によっては不可
    • 高血圧 ; 180/110mmHg以上は不可(測定した場合の目安)。
    • 喘息 ; 発作時は不可。頻繁に発作がある場合も不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • 呼吸器疾患 ; 在宅酸素療法の方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • 呼吸器手術の既往 ; 1年以内に手術した方は不可
    • 脳血管障害 ; 1年以内に発作があった方は不可。体位変換が困難な方、嚥下障害がある方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • 頭部手術の既往 ; 1年以内に手術した方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • 脳圧亢進でシャント中 ; 不可。
    • 認知症など ; 検査時、指示通りに動けない場合、安全を確保できないため不可。
    • 麻痺、疼痛など ; 体位変換が困難な場合は不可。
    • 整形外科手術の既往 ;1年以内に手術された方は不可。それ以外は体位変換可能であれば可。
    • 椎体、靭帯など治療中または経過観察中 ; 1年以内に手術された方は不可。それ以外は体位変換可能であれば可。
    • 体型、体形 ; 体位変換が困難な場合は不可。体重130kg以上は撮影装置の安全性の問題から不可。
    • 透析中 ; 不可。
    • 慢性腎疾患 ; 水分制限がある方は不可。それ以外は主治医の許可があれば可。
    • インスリン ; 検査前に使用した方は不可。
    • 経口血糖降下剤 ; 検査前に服用した方は不可。
    • 血糖コントロール不良 ; 原則不可。
    • 妊娠またはその可能性 ; 不可。
    • 誤嚥 ; 既往がある方は不可。日頃むせやすい方は要注意。
    • アレルギー ; 死亡例あり不可。(発泡剤、下剤)
    • メニエール病 ; 検査中、体位回転があり原則的には不可。
    • 高度難聴 ; 不可となる場合あり。
    • 食事 ; 朝食を摂取された方は不可。
    • ガム・喫煙 ; 不可。

胃ABC検診とは

胃がんがあるかないかを見る検査とは異なり、現在の胃の状態が、胃がんが発生しやすい状態かどうかを予想する検査です。問診と血液検査で判断します。胃がんはピロリ菌感染によって胃粘膜の萎縮が進むほど、発生しやすくなりますので、ABC検査ではピロリ菌が胃の中にいるのか、胃粘膜の萎縮度がどのくらいなのか(ペプシノゲン判定)をそれぞれ血液検査で調べます。結果はABCD4つにリスク分類され、判定されたリスクに応じて、胃カメラによる精密検査を受けていただき、除菌治療や定期的な経過観察などを行います。胃がんがあるかないかを調べるものではなく、あくまで胃がんになりやすいかどうかを大まかに予想する検査です。費用は4,000円から6,000円程度です。

リスク判定A…胃がんになりにくい状態(ただし将来必ずしも、がんにならないわけではありません)
リスク判定B~D…すでに胃癌の可能性があるため、胃カメラもしくは胃エックス線検診をおすすめします。

注意)検査の精度上、リスク判定A、Bの方でもDと同様のハイリスクの方が一部含まれてしまうことが分かっています。

胃ABC検査を受けることができない方

  1. 過去に胃がんリスク検診(ABC検診)及び同等の検査を受けたことがある方(ご自身の受診状況が不明の方は市町村の健康推進課へお問い合わせください。)
  2. ピロリ菌除菌治療を過去に受けた方
  3. 食道・胃・十二指腸に関する疾患で、経過観察中・治療中の方
  4. 胃切除後の方
  5. 胃がんの手術を受けた方(検診医とご相談ください。)
  6. プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)を2ヶ月以内に服用された方
  7. 腎不全または腎機能障害のある方(血清クレアチニン2.0mg/dL以上)

40歳を越えたら胃カメラをお勧めします

日本では罹患率や死亡率が高い胃がんは、早期の自覚症状に乏しいため進行してから発見されることが多く、大変な治療が必要な怖い病気という印象があると思います。しかし、胃がんは早期に発見して適切な治療を受ければ生活や仕事に影響なく完治可能な病気です。自覚症状のない早期の段階でも、内視鏡検査であれば発見が可能です。そのため、早期発見には定期的な内視鏡検査が有効です。特にリスクが上がりはじめる40歳を超えたら、症状がなくても胃カメラを受けることが重要です。病変がない場合でも粘膜の状態を確認してピロリ菌感染の有無を調べることでより適切な予防につなげることもできます。また、ご家族に胃がんになった方がいるなどでリスクが高い場合には、40歳を待たず早めにご相談ください。

胃カメラの流れ

Step1検査前日

検査前日の食事は、夜21時までに終えるようにしてください。消化に悪いもの(ステーキや脂分の多いもの)は避けてください。午後の検査の方もこのお時間をお守りください。
 ※胃切除後の方や、今まで他の病院で胃カメラを受けたときに前日の食事が残っていた方は前日の検査食の内容を個別に対応致します。お電話にてご連絡をお願いします。

その後のお水・麦茶の摂取は問題ありませんのでおとりください
 ※事前診察にて問題ないと判断された夜の分の内服薬は、いつもの通りお飲みくださってかまいません。

Step2検査当日

  1. 胃カメラ検査は私服で受けていただいております。ウエストや首元が苦しくないもの、そでがめくりやすいもの、万一汚れてもいいように普段着をお召しになっていただけたら有りがたいです。検査着もご用意がありますので、来院後お気軽にスタッフにお申し付けください。
  2. 朝は何も食べないでください。(検査が午後の方も念のため朝から食べないでください)
  3. お水・麦茶の摂取は検査直前まで問題ありませんのでおとりください。
  4. 内服薬は、事前診察の際に確認し、内服可能と言われたお薬のみお飲みください。
  5. 鎮静剤を使いますので、公共交通機関または付き添いの方の運転でご来院ください。検査当日は運転をすることはできません。
  6. 来院後、問診、診察、胃カメラの説明を行います。
  7. 胃の中をきれいにするためのお薬を内服いただきます。
  8. 鎮静剤を用いた苦痛の少ない内視鏡を行うため、点滴をお取りし、必要不可欠な感染症の採血を行います。
  9. 検査室で内視鏡をお受けいただきます。検査は5-10分程度で終わります。胃に病変を認めるときは、胃粘膜の組織を一部採取し病理検査にお出しします。鎮静剤を使用しますので、眠っている間に検査も終わります。
  10. 検査終了後、鎮静剤の効果が切れるまで回復室でお休みいただきます。
  11. 目が覚めましたら検査後の注意点をお話しします。
  12. 診察室で胃カメラ画像を見ていただき、詳細についてお話します。(組織を採取した場合、病理医の診断結果が必要ですので、2週間後以降に再度外来で結果説明を致します)

現在コロナウイルス感染予防のため、検査前にご自宅で感染有無のチェックシートのご記入(検温等)をお願いしています。
お急ぎの方はなるべく早めにご予約ください。

WEB予約へ進む


ご予約頂きました患者さまは下記のWEB問診をお願い致します。

問診へ進む

※血液をサラサラにする抗凝固薬、抗血小板薬などをお飲みの方は、これらの薬を内服したまま検査を行った場合、病変が見つかっても切除してくることが出来ないことがあります。ただし、むやみに休薬すると心筋梗塞や脳梗塞の再発リスクがある患者さまがいらっしゃいますので、休薬してよいか処方医に当院から確認させて頂きます。

※糖尿病のお薬(インスリン注射含む)を使用中の方もお食事を抜くことによる血糖変動のリスクがあります。検査時間を細かく計画いたしますのでご相談ください。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る