直腸がん

直腸がんとは

大腸は結腸と直腸に大きく分けることができます。直腸がんは大腸がんに含まれますが、痔などの良性疾患と似た症状を起こします。肛門に近い部分に発生するため直腸鏡などによる検査も有効なケースがあります。直腸がんは大腸がん全体の約半分を占めるほど発生頻度が高く、結腸に起こる大腸がんとは異なる部分が多くあります。
直腸がんもポリープから発生するものもありますが、正常な粘膜が直接がんになるケースもあります。進行すると腸管の狭窄によって便の通過が妨げられる、穴が開く穿孔によって腹膜炎を生じる、潰瘍により出血するなどを起こし、やがて他の臓器に転移します。

症状

  • 血便
  • 強い便意と下痢
  • 便が細くなる
  • 残便感がありスッキリしない
  • 排便時の痛み

直腸がんの自覚症状では、血便が最も多くなっています。肛門に近い場所からの出血ではより赤みが強い血便になり、血液そのものが排出されることもあります。ただし、血便をはじめとする症状を起こさないケースもあります。特に早期直腸がんは自覚症状がほとんど起こらないことが多くなっています。
また、血便などの症状は痔でも起こるため、特に内痔核との鑑別が重要です。上記の症状に気付いたら、早めに受診してください。

診断

血便がある場合に加え、便潜血検査陽性の場合も早めの受診が必要です。直腸がん診断のためには、直腸鏡による観察、大腸内視鏡検査、注腸X線検査などを行い、病変の組織を採取して確定診断につなげます。適切な治療には病変の範囲の把握も不可欠です。そのために、腹部CT検査、超音波検査、直腸やその周辺のMRI検査などを必要に応じて行って病期を分類した上で治療方針を決めていきます。

治療

直腸がんの治療方針は、病変の範囲によって変わってくるため、それを把握した上で行います。
粘膜より下に広がっていない場合には、内視鏡によって病変を切除します。範囲が広い、粘膜より下に広がっている場合には、肛門側から行う局所切除術が可能な場合と開腹手術が必要な場合があります。肛門の温存ができるかどうかは大きな問題ですので、慎重に検討します。切除の手術に加え、放射線療法や化学療法なども補助的に行ことがあります。局所再発防止のための骨盤内放射線照射、骨盤内リンパ節の広範囲切除なども選択肢になります。通常の定期的な大腸内使用検査で早期の直腸がんも発見でき、前がん病変のポリープも発見したら切除することで予防につなげられます。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る