機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシア(FD:Functional Dyspepsia)とは、血液検査・内視鏡検査・超音波検査・CT検査などの精密検査をしても、潰瘍・がんのような明らかな異常を認めないにもかかわらず 胃もたれ・ 胃痛 などの症状を起こす病気です。

日本人の約25%は機能性ディスペプシアと言われております。胃がん などのように命に関わる病気ではありませんが、胃の痛みなどから美味しくご飯が食べられなくなったり、痛みが続くことで気持ちが滅入ってしまったりと、生活の質が著しく障害される病気です。

(機能性ディスペプシアは、比較的新しく概念が確立した病気で、それまでは 神経性胃炎・慢性胃炎・胃けいれん・胃下垂と診断されていました)

症状

食後のもたれ感、早期満腹感、みぞおちの痛み( 心窩部痛 )、みぞおちの焼ける感じ( 心窩部灼熱感 )の4つが多くみられる症状です。他にも、嘔気・嘔吐・げっぷなどがみられることがあります。

上記の4つの症状は大きく2つに分けられます。

①食後愁訴症候群:食事を摂取すると症状が出現するのが特徴です。具体的には、食後のもたれ感、食事の途中ですぐに満腹になってしまい それ以上食べることが出来なくなってしまう( 早期満腹感 )のような症状が出現します。

②心窩部痛症候群:食事の摂取は関係なく出現するのが特徴です。具体的には、みぞおちの痛み( 心窩部痛 )、みぞおちの焼ける感じ( 心窩部灼熱感 )のような症状が出現します。

機能性ディスペプシアは、比較的新しい病気であり、内視鏡を行っている病院やクリニックでもあまり知られていないことがあります。胃カメラ検査を行っても特定の病気が見つからず、「何もないのに胃が痛いのは 気持ちが弱いからだ」と伝えられ、それによりさらに病状が悪化するかたもおります。

原因

機能性ディスペプシアは、下記のような蠕動運動障害・知覚過敏・ストレスなどの心理的要因など複数の因子が相互に作用して、さらに暴飲暴食などの悪い生活習慣が加わり 発症すると考えられております。

胃の蠕動運動障害(動きが悪くなる、伸び縮みがうまくいかない)

胃の動きが悪くなったり、伸び縮みがうまくいかなくなり、胃に入った食べ物が上手く下流に流れなくなり症状が起きると考えられています。

胃の上のほうの動きが悪くなると、口から入ってきた食べ物を十分胃で受け止めることができず、早期膨満感や嘔気などを引き起こします。この症状は機能性ディスペプシアの患者さんの約25-40%に認められると言われております。

胃の下のほうの動きが悪くなると、胃から十二指腸に食べ物をうまく流すことが出来なくなり、食後のもたれ感などを引き起こします。この症状は約40-50%に認められると言われております。

胃の知覚過敏(痛みを感じやすい)

通常は沢山食べ物を摂取しても痛みなど出ませんが、胃自体が痛みを感じやすくなっており、少しの食べ物が胃に入ってくるだけで、大食い選手権並みの食べ物が入ってきたかのように感じてしまい、みぞおちの痛み・みぞおちの焼ける感じなどを引き起こします。

ストレス、不安などの気分の不調

ストレスなどにより胃の動きが不規則になると言われています。

ヘリコバクター・ピロリ感染症による胃の炎症

ピロリ菌は胃炎を引き起こし、胃がんの原因となりますが、機能性ディスペプシアとの関連性ははっきりしておりません。
しかし、ピロリ菌を除菌すると、胃もたれの症状などが改善する方が多くいらっしゃいます。

 

診断

他の病気で同様の症状が起こっていることがありますので、問診を行い病気が隠れていないか確認します。その問診をもとに必要な検査を行います。

上部内視鏡検査(胃カメラ)

がん・潰瘍・ピロリ菌感染症などがないか判定を行います。

腹部超音波検査

胃以外の臓器の異常で同様な症状が起こることがありますので、病気が隠れていないか判定を行います。

CT検査

超音波検査などで死角になる部分もあり、他検査で異常が認められず、症状が続く場合には検査を行うこともあります。

治療

機能性ディスペプシアの診断になった場合、胃の症状をすみやかに取り除くことが日常生活のためにも重要です。胃の症状をお薬で取り除いたあと、原因となっている生活習慣の改善などを行います。薬物療法は、どのような原因で発症しているかを問診でうかがい、一人ひとりに合わせたお薬を使用します。

生活習慣の改善

  • 高脂肪食消化の悪い食事の摂取制限
  • 甘い食べ物、辛い食べ物の摂取を少なくする
  • みかんなど柑桔系果物の食べる量を少なくする
  • コーヒー、紅茶の飲む回数を減らす薄くする
  • 禁酒、禁煙を行う
  • アルコールは飲みすぎないようにする、休肝日を作る
  • 過労睡眠不足など自律神経が乱れる生活を避ける
  • ストレスをためすぎない

薬物療法

  • 消化管運動機能促進薬
  • 胃酸分泌抑制薬
  • 胃酸中和薬

患者様の症状や原因に応じて、上記の中から適切な内服薬を選択します。
それでも症状が改善しない場合は、抗うつ薬、抗不安薬を使用することがあります。

ピロリ菌除菌(保険適応外)

ピロリ菌が感染していることで、機能性ディスペプシア(FD)になる可能性があることが言われています。ピロリ菌除菌を行うと症状の改善を認めることがあります。
また他にもピロリ菌が感染していることで、萎縮性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃過形成性ポリープ・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)など様々な病気になると言われています。
機能性ディスペプシアの患者さんで除菌をご希望される場合は保険適応外となります。

*保険適応でピロリ菌の検査・除菌治療が行えるのは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃がんに対する内視鏡的治療後・ヘリコバクターピロリ感染胃炎の患者さんのみとなります。

自宅にいながら治療が受けられます

2020年4月13日より当院に受診したことのない患者様どなたでも、ご自宅に居たまま電話等で診察が受けられ、生活のアドバイスや必要な薬も処方できるようになりました。コロナが蔓延しているなか、病院に行くのはと躊躇されている方、こちらからご利用ください。当院では面倒なアプリのダウンロードは不要です。診察料総額も対面診療よりオンライン診療のほうが安いように設定しております。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る