過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS:IRRITABLE BOWEL SYNDROME)とは

腸の機能が十分に働いておらず不快な症状が起きますが、内視鏡検査や血液検査では異常が現れないことが多く消化器内科でないと正確な診断が難しい病気です。原因としてストレス、食生活、生活習慣などの関与が指摘されていますが、はっきりとはわかっていません。
緊張などのストレスをきっかけに腹痛や下痢、便秘などの症状を起こすことが多いのですが、これは腸の機能をコントロールしている自律神経がストレスによってバランスを崩すことで影響を受けていると考えられています。

過敏性腸症候群の症状

腹痛、下痢や便秘などの便通異常、そして膨満感などの症状がありますが、タイプにより現れやすい症状があります。最も多いのは激しい腹痛が突然起こってその後強い下痢があり、排便後は症状が治まるというものです。ストレスや食事の影響で症状を起こしやすく、睡眠中に症状が現れることは基本的にありません。

下痢型

激しい腹痛が突然起こって、水のような下痢になり、排便後は症状が治まります。突然強い症状を起こすため通勤や通学が不安になり、それがストレスになって症状を起こしやすくなることがあります。こうした症状を1日に何度も起こすこともあります。

便秘型

排便時に強い腹痛があり、強くいきんでもなかなか便が出ない便秘になります。便の形状はウサギの糞のように硬くて小さくコロコロしていることが多く、排便後もスッキリせず残便感があります。強くいきむ習慣ができてしまい、硬い便を無理に出すため、いぼ痔や切れ痔になりやすい傾向があります。

交代型

下痢と便秘を繰り返すタイプです。激しい腹痛を伴います。

分類不能型

お腹が張って苦しい膨満感、グルグルお腹が鳴る、無意識におならが出てしまうなどの症状が現れます。学校や職場など静かな場所に不安を感じるため、悪化させやすいと言えます。

ストレスと過敏性腸症候群

症状が現れるきっかけに緊張などのストレスがあるため、日常生活に支障を及ぼす場面が多く、それによってまた症状が起こりやすく悪循環に陥りやすい病気です。トイレが気になって外出が楽しめない、外に出るのが怖くなることもあります。突然の強い腹痛が起こってその後下痢になる下痢型では、特に通勤・通学中、授業・会議、面接・テストなど日常的な場面で症状が起こりやすく、それを不安に思うことがストレスになって症状悪化つながるという悪循環が起こりやすくなります。
ストレスで腸が過敏になって症状を起こしやすい状態の場合でも、適切な治療を受けることで症状の改善が見込めますので、早めに消化器内科を受診してください。

過敏性腸症候群の原因

はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレス、食物、粘膜の炎症、遺伝、腸内細菌叢などが腸の機能障害を起こすことが要因になっているとされています。腸の蠕動運動が亢進・減少することで下痢や便秘といった症状を起こしますが、こうした機能は自律神経によってコントロールされているためストレスの影響を大きく受けると指摘されています。発症につながるストレスには緊張や不安が多く、他に睡眠不足や過労や不規則な食生活などもかかわっています。

過敏性腸症候群の診断

下痢や便秘などの症状が炎症性疾患や大腸がんなど他の疾患によって起こっていないことを確認するため、大腸内視鏡検査が有効です。他に血液検査、超音波検査を行うこともあります。
問診では、症状が起こりはじめた時期、症状の推移、発症頻度、発症時の便の状態と排便回数、症状を起こしやすい状況などのきっかけ、普段の食事の傾向や生活習慣、環境の変化などについて丁寧に伺っていきます。その上で、他の疾患がなく、RomeIII基準という世界的に標準化された診断基準に当てはまる場合に過敏性腸症候群と診断されます。

RomeIII基準

過去3ヵ月間の症状を確認し、月に3日以上、腹痛や腹部の不快感が繰り返し起こっており、下記の条件の2つ以上に当てはまると医師が判断して過敏性腸症候群と診断されます。

  • 排便により症状が軽快する
  • 症状とともに排便回数が変化する
  • 症状とともに便の形状が変化する(水のようコロコロしているなど)

過敏性腸症候群の治療

同じような症状でも過敏性腸症候群の原因は様々です。市販薬を飲んで治療をする人がいますが、原因によっては治療しているつもりが悪化させている場合もあります。

当院では過敏性腸症候群の治療経験豊富な医師が原因を詳しく突き止め、一人ひとりに最適な治療薬をお出ししております。治療薬で症状を緩和させ、さらに食事や運動などの生活習慣改善やストレスの上手な解消方法などをお伝えすることによって根本的な治療と再発防止を図ります。

生活習慣の改善

食事
  • 3食を同じ時間帯にとる
  • 暴飲暴食をしない
  • 食べ過ぎない
  • 栄養バランスのとれたメニュー
  • 十分な食物繊維と水分
  • 唐辛子などの香辛料やカフェインを控える
  • 飲酒量を減らす・飲まない曜日を決める
生活
  • 軽い運動を毎日行う
  • 十分な睡眠と休養をとる
  • リラックスできる空間・時間を作る
  • ストレス解消を心がける

薬物療法

症状に合わせた薬剤の処方を行っていきます。消化管の機能改善、便の水分バランス調整などを中心に症状を改善させる薬剤を用います。突然の腹痛と水のような激しい下痢が起こるタイプでは、予兆を感じた時に服用してその後の症状を軽くする薬剤なども用います。また、有用な乳酸菌などプロバイオティクス、水分過剰な便の状態を調整する高分子重合体、下痢改善のためのセロトニン3受容体拮抗薬、便秘改善のための粘膜上皮機能変容薬、腹痛解消のための抗コリン薬など、症状や状態、ライフスタイルに合わせたきめ細かい処方で快適に生活できるようサポートしていきます。

ぜひ当クリニックへご相談下さい

過敏性腸症候群は一人ひとり原因が異なっており、オーダーメイドの治療が必要な疾患です。どうすれば過敏性腸症候群が良くなるのか、不安に感じている方も多いはずです。食事はどのようなものを食べていいの? 痛みの対処はどのようにすればいいの? 下痢が頻回で今の仕事を続けられるの? ストレスを溜めないためにはどうすればいいの?etc… 当クリニックでは内視鏡検査は勿論、上記のような一人ひとりの症状の違いに対し適切なアプローチを一緒に探していければと思っております。また、当院はクリニックですがお薬だけでなく、必要に応じて採血の検査を実施したり、レントゲン撮影、大腸内視鏡検査を実施できる設備もございます。もし症状が悪化してしまった場合は大学病院や近隣病院との連携をとることも出来ますのでご安心下さい。 お一人で不安を抱え込まず、ぜひ当クリニックへご相談下さい。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
よくある質問 求人募集
一番上に戻る