慢性胃炎(萎縮性胃炎)

慢性胃炎(萎縮性胃炎)とは

慢性胃炎(萎縮性胃炎)は、胃の粘膜が炎症を起こし胃粘膜が薄くなっていく病気です。短期間の炎症であれば急性胃炎のみで治癒しますが、長期間繰り返し炎症が起こることで胃粘膜が薄くなります。

症状

慢性胃炎(萎縮性胃炎)があると、この症状が起こるというものはありませんが、胃がんや胃潰瘍などと同じ症状を認めるため注意が必要です。

起きやすい症状としては、胃痛、胃もたれ、むかつき、げっぷ、もたれる感じなどが、空腹時や夜間に起こることがあります。

原因

ほとんどの場合、ピロリ菌の感染によるものです。ピロリ菌が感染していると、慢性胃炎(萎縮性胃炎)→胃潰瘍・胃がんなどリスクがあります。

またその他の原因としては、ストレス、風邪薬(非ステロイド系消炎鎮痛薬)、飲酒、自己免疫異常などがあります。

検査

上部内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)で胃粘膜を直接観察することで分かります。萎縮の程度も直接見ることで判断することが出来ます。萎縮がほとんどない人と 萎縮が強い人では 胃がんの発生率が違うので、そのリスクを判断することも出来ます。(バリウム検査では萎縮の程度は分からないので注意が必要です)

治療

ピロリ菌がいる場合には、ピロリ菌の除菌を行います。

ピロリ菌がいない方や除菌済みの方には、その方の症状に合わせて治療を行います。

胃酸を抑える内服薬、胃粘膜を保護する薬、胃蠕動運動を改善する薬などを個人の状態に応じて治療します。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る