胃悪性リンパ腫

胃悪性リンパ腫とは

胃がんや大腸がんは粘膜が“がん”化しますが、リンパ球が“がん”になり胃の組織内で異常に増殖したものです。MALT(マルト)リンパ腫とB細胞性リンパ腫があります。

症状

胃内のリンパ腫が大きくなると、腫瘤となり食物の通過を障害したり(嘔吐・嘔気)、出血を起こしたり(吐血・黒色便)することがあります。また胃だけではなく、全身のリンパ節が腫大するので、首・わきの下・股下に腫瘤として触れることがあります。

原因

感染症や炎症があるとリンパ球が異常増殖しリンパ腫になると考えられております。胃MALTリンパ腫の場合、ヘリコバクターピロリ菌が感染していることが多く原因と考えられています。B細胞性リンパ腫に関しては、免疫の異常で起こっていると考えられますが、はっきりとした原因は分かっておりません。

検査

上部消化管X線検査

造影剤を服用してからX線撮影を行います。これによって胃の形状、粘膜の状態を確認できます。

上部内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)で胃粘膜を直接観察することで分かります。

治療

MALTリンパ腫の場合
限局しているとき : ピロリ菌がいる場合→感染を排除するため除菌治療を行います。
ピロリ菌がいない場合→放射線治療を行います。
全身に転移があるとき : 化学療法(抗がん剤治療)などが行われます。

B細胞性リンパ腫の場合
症状・大きさ・病理結果などで治療法法は変わってきますが、化学療法(+放射線療法)、分子標的薬などで治療を行います。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る