血便

血便について

血便は便に血液が混じっているものです。肉眼ではわからず便潜血検査で陽性になる、排便後ペーパーで拭いた時に血が付いてくる、粘液や血液だけが出る、黒っぽい便なども血便に含まれます。

  • 肉眼で便に血が付着しているのがわかる
  • 排便後、ペーパーに血が付いた
  • 便器に赤いものがある
  • イチゴジャムのような鮮やかに赤くて粘り気のあるものが出た
  • 下痢が赤っぽい
  • 黒っぽい便が出た
  • 便潜血検査で陽性を指摘された

血便の種類

血便は消化管のどこかから出血して起こる症状です。血便の状態によってどこから出血しているかをある程度絞り込むことができます。ビックリして反射的にトイレを流してしまう方が多いのですが、スマートフォンなどで撮影しておくと診察時に役立ちます。無理に撮影することはありませんが、余裕がありましたら撮っておいてください。

黒色便

真っ黒くてタールのような便です。血液が胃酸と混じるとこうした真っ黒い便になりますので胃からの出血が疑われます。黒色便は胃や十二指腸の潰瘍、胃がんなどが疑われるため、早期の受診が必要です。胃内視鏡検査で食道・胃・十二指腸粘膜を直接観察して診断します。
ただし、もともと貧血があってその治療で服用した薬剤によって黒色便が出ることもあります。受診の際にはお薬手帳か服用しているお薬そのものを全てご持参ください。

暗赤色便

濃くて暗い赤色の便は、大腸や大腸に近い小腸からの出血が疑われます。消化液が混ざることで血液がレンガ色のように暗赤色になっています。感染症、虚血性大腸炎、大腸憩室などによって起こることが多くなっています。腹部超音波検査や大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行って診断します。

粘血便

イチゴジャムのような赤くドロッとした便で、通常の便に付着して排出されることもあります。赤痢アメーバなどの感染症、炎症性腸疾患などが疑われます。クローン病や潰瘍性大腸炎の可能性もあるため、特有の病変がないか大腸内視鏡検査で確認することが重要です。

鮮血便

赤い血液が便に付着している、排便後のペーパーに血液が付着している、便器が赤くなるなど、鮮やかに赤く、血液だとわかりやすいことが特徴になっています。肛門に近い場所から出血しているケースが圧倒的に多く、痔であることもよくあります。ただし、直腸がんなどの可能性もありますので、できるだけ早く受診してください。問診や直腸診、大腸内視鏡検査で診断します。

血便があったらすぐに受診しましょう

血便は消化管のどこかから出血して起きていますので、そのままにしておくのはとても危険です。貧血が慢性化していて心不全に至ることも稀にあります。軽い切れ痔に大腸がんを併発している可能性もあります。血便は身体からの重要なSOSサインですから、できるだけ早く消化器内科を受診してください。

血便の診療について

血便という症状を生じる疾患は多数存在します。クローン病や潰瘍性大腸炎やクローン病など似ている症状があっても治療法が異なる病気や、大腸がん・胃がんなど治療が遅れると深刻な状態になる可能性が高い疾患もあります。そのため、当院では確定診断につながる診察を重視しています。問診で丁寧にお話を伺い、血液検査や直腸診、内視鏡検査、超音波検査など必要な検査を見極めて患者様のご負担にならないように検査を進めていきます。内視鏡検査では粘膜の状態を観察し、出血している場所の特定ができますし、疑わしい組織を採取して生検も可能です。こうした検査によって確定診断を行い、それに沿った適切な治療につなげます。

痔だと油断しないで、きちんと診察・検査を受けましょう

血便が出ているのに痔だと油断して、診察や大腸カメラを受けていない方がいらっしゃいます。一例ですが、無症状の方を対象にした便潜血検査(目に見えないわずかな血便を調べる検査)で大腸カメラが必要と判定された人のうち、70%の方に大腸に病気が見つかります。そしてその中の約60%の方には大腸ポリープ、大腸憩室、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの疾患がみつかるのです。これらは将来がん化する疾患が含まれています。さらに大腸がんの見つかる人が3%もいます。
無症状の方を対象にした便潜血検査でも70%の方は大腸に病気が見つかり、3%は大腸がん であるを考えると、目に見える血が出ている「血便」は緊急性がさらに高い状況と考えられます。「痔あるから血便がでているだけでしょ。大丈夫。」と油断しないで専門医療機関で診察・検査をお受けください。

大腸カメラをどこでやるかで将来大腸がんになる確率が変わる?!

どうしてそのようなことが起こるのでしょうか? 詳しくはこちらをご参照ください。

自宅にいながら血便の診察が受けられます

2020年4月13日より当院に受診したことのない患者様どなたでも、ご自宅に居たまま電話等で血便の診察が受けられ、必要な薬の処方や検査の準備もできるようになりました。本当は病院を受診したいけど、コロナ感染が心配で、病院に行くのは…と躊躇されている方、こちらからご利用ください。当院では面倒なアプリのダウンロードは不要です。診察料総額も対面診療よりオンライン診療のほうが安いように設定しております。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
よくある質問 求人募集
一番上に戻る