便が出ない( 便秘 )の原因と便秘タイプについて

便秘の原因とタイプ

日本人の20人に1人が、大腸がんなど病気がないにもかかわらず便秘といわれ、高齢になるほど便秘になる人が増えます。このような便秘は下記の3つのタイプが代表的です。(新しい分類では、「大腸通過遅延型」「大腸通過時間正常型」などに分けられます。説明のわかりやすさを優先するため、古い呼び方をあえて使用しております。ご了承ください。)

直腸性便秘

「出口でつまる」便秘のタイプです。通常であれば、便が直腸まで来ると便意を感じ、排便反射が起こることで排便します。
しかし直腸性便秘の方は、便が直腸まで来ても「便が出かかってるのに出ない」「便をしたい感じがない」「少し便意はあるけどタイミングを逃すと一向に出ない」などの症状を訴えられます。

腸の蠕動運動は問題ないので直腸まで便が移動しますが、そこから先が難所になっています。具体的には、出口付近での便の固さが問題になっています。肛門を通り抜けられる便の大きさは決まっており、ペットボトルの蓋くらいの太さが限界です。バナナ状のやわらかい便であれば形を一時的に変えたり 回転する力に変えてうまく便を出すことが出来ますが、固い便は肛門に引っかかってしまい 便が出かかっているのに出ない 状態になりやすいです。

固い便が出にくい仕組みを理解するには、瞬間接着剤の先端が固まってしまった状態を思い浮かべて下さい。先端が固まっていると 強い力で押しても出ない状態であることを想像していただくとわかりやすいと思います。

下剤の乱用や便を我慢することが原因となり、治療は便をやわらかくする内服薬を主体に行います。

当院の便秘外来の強みについて

弛緩性便秘

「大腸の動きが悪くなり停滞する」便秘のタイプです。

口から入った食べ物は消化を受けて最後に大腸で「適量の水分」が吸収され、残りが便になります。個人差はありますが、食べ物を摂取して便が出るまで平均24時間ほどかかります。大腸の動きが悪くなり便が停滞すると「過剰な水分」を大腸が吸収し、便が硬くなります。症状がひどいと硬い便(コロコロした便)になり、腹痛の原因になったり、肛門が切れたりすることでおしりから血が出る原因になります。

加齢による大腸の動きの低下、アロエ・センナが含まれる食事や下剤の長期摂取が原因になります。

便秘タイプ別 食物繊維について

けいれん性便秘

「自律神経が乱れて腸の動きが悪くなる」便秘のタイプです。

若い方に比較的多く、ストレスなどにより自律神経が乱れ、腸の動きが不規則になり、ウサギの糞のようなコロコロした便になります。普段はバナナ状の便が出ていますが、ストレスなどで便秘になるとすごく硬い便になってしまい、強い腹痛が生じることがあります。

自律神経の乱れが原因となります。

治療に関しましては、いくつかの便秘が組み合わさっている方も多く、問診や検査の上、その方に応じた治療法を提案いたします。

バランス良く食物繊維をとることが推奨されますが、便秘タイプによって少し多めに摂ったほうがよい食材などを解説しております。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る