バレット食道・バレット粘膜

バレット食道・バレット粘膜とは

食道がんの原因になるもので、近年増加しております。もともと日本人には少なかったですが、①ピロリ菌の除菌が進んだこと ②ピロリ菌がそもそもいない人が増えたこと ③食の欧米化したこと
により胃酸の分泌量が増え、結果として逆流性食道炎のかたが増加したためバレット食道を発症する方が増えております。(逆流性食道炎が繰り返されることでバレット食道が発症します)

食道の粘膜(扁平上皮)が逆流性食道炎などで長期間 胃酸にさらされることでバレット食道に変化すると考えられています。
胃酸は酸性であり刺激性がとても強く、食道の粘膜では胃酸の刺激に耐えられません。そのため胃を守っている粘膜(円柱上皮)が食道を守るため食道の粘膜の上を覆います。それをバレット食道といいます。(バレット食道は腸上皮化生を起こした粘膜と表現されることが多いです)

しかし、もともとバレット食道は食道にない胃の粘膜であり組織的に弱く、度重なる胃酸の刺激が加わると耐え切れず、炎症を繰り返し食道がんの原因となってしまいます。

食道がんのリスクは10年間で3%程度と考えられています。(バレット食道を持っている人が100人いると、3年で1人、10年で3人は食道がんになってしまうため、かなりのハイリスクです)

またバレット食道が広がっているほど、食道がんのリスクが高いというデータもあります。

範囲が3cm未満のショートバレット食道(short segment Barrett’s esophagus:SSBE
範囲が3cmを超えるロングバレット食道(long segment Barrett’s esophagus:LSBE
の2つに分類され、ロングバレット食道の方が食道がんのリスクは高いです。

症状

逆流性食道炎による症状(胸やけ・すっぱい水がこみあがってくる・げっぷ)が多いですが、無症状の方もいます。

原因

逆流性食道炎による胃酸や胆汁の逆流により起こると考えられています。

逆流性食道炎による炎症が繰り返し起こることで徐々にバレット食道の範囲が広がっていきます。

検査

上部内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)で食道粘膜を直接観察することで分かります。SSBELSBEかも合わせて診断することができます。また症状として特徴のないバレット食道がんも合わせて見つけることができます。初期の食道がんは特段症状がないので注意が必要です。

治療

バレット食道が出来ると改善することが難しいため、今後の進行を抑える治療がメインになります。

逆流性食道炎で悪化するのを防ぐため、過剰な胃酸の分泌を抑える内服薬を使用を症状に合わせて行うことがあります。

バレット食道は食道がんのリスクになるため、定期的な上部内視鏡検査(胃カメラ)をお勧めしております。

TEL.042-850-7140 24時間WEB予約 WEB問診
一番上に戻る